≪注意≫GMによってはテンプレでこの戦略の使用を禁止されています。使用する際は十分にテンプレを確認してください。

「早噛み」をご存知ですか?これは狼陣営の戦略の一つです。
るる鯖特有のシステムを利用することで、生存者の中に村陣営の役職者がいるか調べるものです。

まずは、
早噛みの発動可能条件をまとめておきます。

・「夜時間固定設定」になっていない
・テンプレにより「早噛み」が禁止されていない
・仲間の了承が得られている、もしくは仲間がすでに生存していない

この3点です。この条件がそろうとき、早噛みをすることができます。
「早噛み」は読んで字のごとく、夜時間中に噛み実行を行うことです。狩人・占い師は夜時間中に役職実行するのが普通です。それに対し、狼は役職時間中に噛み実行をします。この狼と占い・狩人の実行時間のずれをなくすことで
「今狩人がいきているのか」や「今占い師が生きているのか」を推測することができます。

もし仮に、早噛みをしたのにも関わらず、次の日がやってこない場合、まだほかの役職者が【役職実行ボタン】を推していないことになります。そうなれば、今現在、少なくとも一人は村陣営の役職者いることになります。

もしそれが、占いロラ完遂後に起こった場合、「まだ狩人がいるのでは?」と推測が立ち、平和を出しづらくなります。

また逆に「早噛み」した瞬間に朝が来た場合、もう村には役職実行できる役職「狩人」「占い師」がもう死亡していると推測できます。

このように、人狼のシステムを利用して役職者の生死を推測できる可能性があるため、「一部のGMは早噛みを禁止しています。」

しかしながら、この早噛みにも欠点があります。
それは、「早噛みの発生を生存者全員が知ってるということ」です。つまり、
生存者の中でだれが「早噛み」しそうな狼か逆に推理されたり、
早噛みによって、残っている占い師が偽物とわかって吊られたり、早噛みに固執するあまり、噛み先を間違ったり、平和が出たり、仲間と十分な作戦会議ができないなど、様々な欠点があります。

ゆえに、「早噛み」は非常に高度な戦略と言わざるを得ませんが、この戦略も自陣営の勝利に生かすことができれば、さらに人狼が強くなるのではないでしょうか。

たまたま、僕が早噛みで勝ちを得られたログがありましたので、このついでに添付します。早噛みの失敗パターンのログがあればまた載せようと思います。「早噛み」に興味のある方は、ぜひこのログを読んで「早噛み」の功罪を会得してください。
http://ruru-jinro.net/log4/log397330.html

GMGM

トップページはこちらです
トップページ